祝賀による費用

ゴルフボール

ホールインワン保険というものがありこれはゴルフでホールインワンを出した時に支払われます。
これはキャディーの方の証明が条件になっています。
アルバトロスの際も必要です。
ゴルフ場に寄ってはホールインワンを出した時に商品をいただけるところもあります。
あくまで文化的なものなので、プレーする時に自分で何も起こらないという気持ちのある方や、絶対にホールインワンなんて入らないと思われているなら、無理して入る必要は無いです。
ゴルファー保険は、元々ゴルフ用品が破損した時や他人に損害を与えた際などに賠償するものです。
ホールインワンの補償は祝いの出費に対する費用保険です。
これはプロの方やレッスンプロの資格がある人は入ることができません。

日本ではホールインワンを達成した人が、パーティーをしたり記念品を配ったりするということが慣習になっています。
お祝いの習慣は日本独特のものであり海外なではありません。
もし達成してしまうとそれなりに金額がかかってきます。
もしも大人数でプレーしていた場合は、その費用に数百万円以上必要になってきます。
最近は、キャディーを付けずセルフでプレーした時でも目撃した人がいたためホールインワンが認められるということもあるようです。
しかし不正請求の可能性もあるので基本的にはキャディーを付けないといけません。
保険でおりる金額も様々で自身で入っている保険により変わってきます。
安いものなら数千円ですむので加入しているゴルファーの人も多いです。

ゴルフを行う前に加入したい、ゴルファー保険とは