短期間の適用

ナイスショット

ゴルファー保険が今後どのような行く末を辿るかについては保険利用者のモラル次第という部分がどうしても否定できません。
一度ヘッドから抜いたシャフトを再利用するなどゴルファーに落ち度がある行為はモラルの低下の実例として話題となっており、一見しただけではシャフトの再利用が発覚しないように専門業者が巧妙に仕上げるなど悪意に満ちた例もその中に存在しております。
保険会社としてはこのような実例を考えれば規則を設けるだけで保険の運用を問題なく行うことができるとは考えられず、ゴルファー全体におけるモラルが悪化すればするほど規則の運用が難しくなります。
今後そうなってしまうという前提が成立する以上、個別のケースに対して柔軟に対応する方針が強化されることは必然と言えます。

ゴルファー保険を利用する際に注意すべきことと言えば、補償を受けることができるケースを確認することです。
基本的に保険適用は前例主義であり、そして簡単に補償されることはないという認識が一般的であります。
事前にきちんと実例を調べておけば補償が認められないということでトラブルに発展する可能性を未然に絶つことができます。
国内のみにおいて補償が認められるものもあり、ホールインワン・アルバトロス費用補償などはその好例です。
ホールインワンやアルバトロスを達成した場合に現場に同伴していたキャディーやゴルファー一同に祝儀を配ったり祝賀を行ったりする風習は日本固有のものであり、そうした理由から海外でプレイした場合はその種の費用補償は為されないという考えがゴルフの常識となっております。

ゴルフを行う前に加入したい、ゴルファー保険とは